読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺言書より超簡単!エンディングノートの書き方

年間1,000人以上の方にエンディングノートの書き方を伝えているエンディングノートの書き方・終活講師、エンディングノートナビゲーターが解説します


■今日から始める終活&エンディングノート■
終活の最新情報から、今日からかけるエンディングノートの始め方まで!
講師のご依頼 全国対応お気軽にご相談ください!

胆管がんの川島なお美さんの訃報とブログ

こんにちは。この数日、生きるという事を考えさせられるニュースが多いですね。

先日、テレビ画面で拝見した川島なお美さんをみて、ただ事ではないのではないか?と感じていました。

そして昨日。やはりという、残念なニュースが飛び込んできました。

 

胆管がん。

 

昨年、私が入退院を繰り返したのも、胆のうが原因でした。

いつもは、そんなに気にならない?臓器ですが、こじれるとなかなかややこしい。

私は、胆管部分も詰まってしまい、その辺とっちゃいましたが、取るまでもいろいろあって。

そうなって初めて「こんな働きするのね」とか、感じるものですね。

 

川島なお美さんの先日の出演といい、前日までのブログの更新といい、川島さん本人は「生きる」ことに、女優ということにこだわって、プロ意識を持ち続けたのだと感じます。

前日まで更新されていたブログ。

2015年09月23日のブログ|川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」by Ameba

今日のブログは、事務所から訃報のお知らせとして、更新されていました。

このブログの中には、今でも笑顔で微笑む 女優川島なお美がいるんですよね。

 

今回の訃報に、色々な方がコメントやFacebook上でも投稿をされています。

多いコメントに「かわいそう」というコメントがありますが、私はかわいそうというのは当てはまらないと思っています。

きっと、川島なお美さんは、前向きに死と向き合い、今を生きることに精一杯だったはずです。

だから、先日の痛々しい姿でも、ご主人の見守るなか、テレビに出演した。

舞台を降板して、もう復帰できないかもしれないと思っていたかもしれませんが、亡くなる前日のブログ記事にも、しっかりとした想いが綴られていた。

 

まだまだやりたい事があっただろうし、舞台を降板するということで、悔しさはあるはずです。

でも、かわいそうではない。

何もしなかった、逃げて生きてきたわけではない、しっかりと自分に向き合ってこられた人だから、紆余曲折を乗り越えた人だから、かわいそうなんかじゃない。

 

誰だって起こりうること。

誰でも、明日はわからない。

だから、今を、今日を、精一杯生きなくてはいけないのです。

 

 

 

f:id:otonowa6668:20150615115011j:plain